Ed Sheeranの「Thinking Out Loud」で英語の”感性”に触れてみる