サステナブル(sustainable)とは?少しだけ地球にやさしいこれからのスタンダード

share share !

「サステナブル(sustainable)」という言葉、最近ファッション誌なんかでよく目にするけれど、まだまだ聞きなれないという人も多いのでは?

すでに北米やヨーロッパでは関心が高く、ライフスタイルにも浸透してきている”サステナブル”という考え方の概念をファッションやフードというCLAIrmagならではのトピックから解説します。

 

「サステナブル(Sustainable)」という言葉の意味

be more sustainable

サステナブル=”持続可能である”

サステナブル(sustainable)とは地球環境や社会、ライフスタイルが「持続可能である」という意味。

英語で「維持できる、耐えうる」という意味をもつサステナブル(sustainable)という言葉は、私たちの暮らしが無理なく未来へ続く、環境、社会に配慮されたやさしいものであることを指します。

世界で意識され始めた未来につなぐという考え方

ファストファッションを見るとわかるように、これまで世界は利益重視の大量生産・大量消費で、地球資源を大量に使い、海や森の環境を破壊しながらモノを作って、環境や社会に大きな負担をかけてきました。

そんな現状に危機感を抱き、「地球環境を守り、未来に続く”持続可能”な社会の発展を目指さなければ」と世界の様々な分野で注目され始めたのが「サステナブル(sustainable)」という言葉です。

 

CLAIr magではおもにファッションやライフスタイルのサステナビリティにフォーカスしていますが、「サステナビリティ(sustainability):持続可能性」とは、これからの時代に暮らす私たちが日々の暮らしで心のどこかに止めておきたい大切な考え方です。

 

なぜサステナブルが大事なの?

たくさんの環境問題…

今私たちの暮らしでは、地球温暖化や森林破壊、海洋汚染にブラスチック問題と色んな環境問題が取り沙汰されていますよね。

IPCCの報告書では1880年~2012年の間に地球の平均気温はすでに0.85℃も上昇していて、ブラジル国立宇宙研究所(INPE)によると、アマゾンの熱帯雨林は1分毎にサッカーコート1.5面分ずつ無くなっているのだとか。

貧困や男女平等も…

さらに問題は地球環境だけではありません。女性の権利や貧困、自殺率などの社会問題だって、私たちの生活がゆとりある豊かなものであるためには放っておけない問題です。

だからこそそんな環境や社会を少しでも変えるために「サステナブル」という考え方が注目されるようになったのです。

 

サステナブルとは現代風スタイリッシュな価値観

pic-books-desk

地球にやさしい、緑を守るなんて言うと堅苦しく感じるし、ライフスタイルが窮屈になるのでは?という気もしますが、今開発されているサステナブルなモノやビジネスは無駄がなく、現代の生活に沿ったとてもスタイリッシュなかたち。

例えば検索エンジン「エコシア」は現代のネット生活に合わせた森林保護の形だし、多くのサステナブルファッションブランドも伝統技術やローカル素材を使いつつもかなりモードなデザインで次世代的。

 

check!   ベルリン発の検索エンジンEcosia (エコシア)でグリーンサーチにシフトする

check!    サステナブルなコンセプトで先を行くロンドンのデニムブランド「I AND ME」

 

つまりサステナブルだからと言って現代ならではの便利さや豊かさ、デザインを諦める必要はなく、サステナブルとは環境への負担という無駄をなくして、現代のメリットを生かしたスタイリッシュなライフスタイルの価値観なんです。

 

SDGsの17の目標でみんなでサステナブルというゴールへ

サステナブルという考え方は分かったけれど、何をすればサステナブルといえるの?ということについては、サステナブルについて日々考えている人だって迷うところ。

そんな「サステナブルかどうか」の基準として知っておきたいのがSDGs(エスディージーズ)という国連で採択された世界共通の目標。

Sustainable Development Goals=”持続可能な開発目標”というこの17つの目標は2016年9月に採択され、2030年までに世界のみんなで達成しようと決められました。

 

例えばサステナブルなアクションのひとつMyタンブラーやエコバックは14番のゴールにつながるし、ヴィーガン、クルエルティフリー(動物実験をしていない)スキンケアグッズであれば15番のゴールに、フェアトレードなどのエシカルな服を選ぶことは1番10番にもつながります。

SDGsはサステナブルという意外と身近でありながらも、まだまだ聞きなれない価値観をライフスタイルに取り入れるときにとても役に立ちます。

ぜひ活用してみてくださいね。

 

気取らず自然に。心地よいところからはじめるサステナブルライフ

環境や社会への価値観は一人ひとり違えど、SDGsは2030年まで世界みんなのゴールだし、今ここ(地球)に暮らしていることはみんな同じ。日々の暮らしに「サステナブル」を取り入れることは、これから世界のスタンダードとなるかもしれません。

心踊るファッションから、毎日を華やかにするメイクから、日々のお買い物から、フードから etc…

自分の心地よい部分を少しだけサステナブルにしてみると、地球にも自分のライフスタイルにもポジティブな何かが生まれるかも。

あなたもサステナビリティ(Sustainability=持続可能性)について一度考えてみてくださいね!

 

PR

share share !

alisa

フランス ボルドー、カナダ トロントでの生活を経て、多様性・サステナビリティに興味を持ち、日本 ⇄ カナダ でCLAIrmagをディレクションしています。 どんなコンセプトだって表現方法だってOK、ユニークで自由なコンテンポラリーアートの世界観が好き。