「夜アート」のススメ。トロント一夜限りのオールナイト・アートフェスをレポ

share share !

 

 

個展や美術展に行ったり、何かを作ったり、

あなたがいつもアートに触れるのは、昼?夜?

私はトロントであるアートフェスティバルに出会ってから、夜に寝る間を惜しんでアートに触れる時間を楽しむようにしている。

そうして少し夜更かししてでもアートに触れる時間はどこか特別で、新しい芸術を見つけるきっかけにもなるし、何より日常が豊かになる気がするから。

 

今回はそんな「夜アート」の魅力を教えてくれた、トロントのアートフェスNUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュフランス語で眠らない夜/白夜”) についてお届けします。

そして NUIT BLANCHE 的、「夜アート」をたしなむポイントについても考えてみました。

 

日没から夜明けまで。トロント最大のアートフェス NUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)

カナダというと「英語を学ぶ場所」というイメージけれど、実はアート・カルチャーに対する好奇心がとても旺盛。

トロント国際映画祭はもちろん、アート・歴史系は多種多様なエキシビションが見きれないくらいあるし、フードフェスなども盛ん。

 

中でもカナダを代表する世界最大の現代アートフェスティバルが Nuit Blanche Toronto(ニュイ・ブランシュ:フランス語で眠らない夜“/”白夜)です。

1年に1回、日没から夜明けまで、一夜だけ開催されるオールナイト・アートフェスティバル。

その日は街全体が美術館と化し、ダウンタウンのビル、駅、ストリート、あらゆる場所がギャラリーになる。

2006年から始まったこのフェスティバル、2018年には120万人が参加したビッグイベントで、これまで4900人ものアーティストたちが参加し、1400以上のオフィシャルアートが展示されてきたという。

 

ヒト、モノ、表現、すべての”多様性”が NUIT BLANCHE の魅力

NUIT BLANCHE が人々を魅了する理由、それはマルチカルチャー都市トロントならではの多様性にある。

トロントはさまざまな人種・文化が共存する場所。

それぞれが「多様な価値観」が認め合いながら生きていて、それがゆえに生まれる自由な発想が NUIT BLANCHE には凝縮されているのだ。

そんな多様性が作り出す NUIT BLANCHE の魅力がこちら。

 

 大人も子供も夜アートに酔いしれる

まず NUIT BLANCHE の魅力のひとつは「人の多様性」。

夜の7時から朝の7時まで夜通し続くアートフェスだけれど、その日は子供だって夜更かししてダウンタウンに繰り出し、家族とアートを楽しむ。

幼いころからアートやカルチャーに触れる面白さを知ることができるのはとても素敵だと思う。

そして普段はアートにあまり関心がない人だってこの日は別。

エンターテイメント性にあふれ、現代アートをよく知らなくても楽しめる展示が数多くあるので、誰もが気軽に街を歩きながら現代アートの感性に触れられる。

 

#BeautyReimaginedTO sponsored by SHISEIDO

 

何を使ってどう表現するかは自由

そして「表現・感性の多様性」も NUIT BLANCHE の魅力。NUIT BLANCHE で展示されるアートは、時に音楽、時に光、時には布切れ、時にはオブジェ、パトカーだってアートになるし、とにかくユニークで自由。

表現するものもテーマに沿っていれば自由。

歴史を表現したり、

”#MeToo” をアートとコラボレーションさせたり、

誰もが日々言えずに心にしまっている思いを引き出すしかけの「観客参加型」アートだったり、

とにかく奥行きや幅の深い表現を楽しめる。

使われている素材から、制作方法から、「作り手は何を表現したいのだろう?」とアーティストの感性に触れ、考えを巡らせるのも面白い。

 

By Louis Vuitton 歴代のアイテムなどから Louis Vuitton の歴史をたどるエキシビション

 

毎年変わるテーマも魅力

NUIT BLANCHE のテーマは毎年変わり、アーティストたちはそれぞれテーマに沿って、様々な視点からアートを作り出す。

2017年のテーマは「Many Possible Futures(多くの可能性ある未来)」、2018年は「You Are Here(あなたはここにいる)」、そして2019年のテーマは「Continuum(連続性)」と毎年ユニークでオリジナリティあふれる。

ひとつのテーマで様々なアーティスト、企業が工夫を凝らして壮大なアートを作り出す、どんな作品が生まれるのか当夜まで分からないワクワクも NUIT BLANCHE の楽しさのひとつ。

 

 

今日から楽しめるNUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)的「夜アート」のススメ

NUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)は年に1度のフェスティバルだけど、NUIT BLANCHE同じように夜にアートに親しむことはいつでもできる。

私は「アートのための特別な夜」を設けるようになってから、アートへの興味の幅も広がったし、芸術本もよく読むようになった。

すると街を歩いていても、前は気づかなかった何気ないアートが目に留まったり、色彩感覚が研ぎ澄まされたり、日常が少し刺激的で充実している気がする。

そんな私がNUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)からヒントを得た、「夜アート」楽しみ方のポイントがこちら。

 

アートのための特別な日を作る

NUIT BLANCHE に心躍る理由は、その日だけという特別感。だから事前にアーティストについて予習したりもするし、その日は思いっきりアートを楽しむぞ、と意気込む。

その特別感は感性を研ぎ澄ませる気がするし、集中力も増す。だからあえて「月最後の金曜日はアートの日にしよう」などと自分で特別なアートの日を作ってみよう。

 

自分だけのテーマを決める

NUIT BLANCHEを見ると、テーマがあるから広がる芸術もあると思う。

カラフル、クラシック、POP、音楽、フェミニズム、抽象的、サイケデリック……なんでもいい、自分の心が躍るテーマを決めて、そのテーマに合ったアートを思いっきり味わおう。見てみたい映画や、気になっている美術館の展示からヒントを得るのもあり。

 

あえて夜更かしする

特別な「夜アート」の日を決めたら、その日は芸術で満たされることが最優先。

あえて夜更かしのために夜食を用意してみたり、ワインを仕入れたり、夜+アートを最大限に面白くしてみよう。

 

どんな形のアートもアリ

何かを表現するということはすべてが芸術。「アート=絵」と決めてしまわずに、映像だって音だって、ファッションだって食べものだって、すべてがアートなのだということを心にとめて観賞しよう。

 

場所は外でも家でもOK

「夜アート」で何を楽しむかはあなた次第。

夜にやっているギャラリーや美術展に行くもよし、芸術本を遅くまで読みあさるもよし。または映画のレイトショーに出かけてもいいし、おこもりで制作活動をするのもあり。とにかく自分がアーティスティックに感じることをしよう。

 

 

日常を少し豊かにする「夜アート」、あなたもぜひ特別な一夜だけのアートを楽しんでみて。

そしてNUIT BLANCHE(ニュイ・ブランシュ)を実際に見てみたい!というあなたはトロントに行ってしまうのもアリ。

今日も何気ない1日をアートでスパイスアップしよう◎

 

 

 

 

share share !

alisa

フランス ボルドー、カナダ トロントでの生活を経て、多様性・サステナビリティに興味を持ち、 日本 ⇄ カナダ でCLAIr magをディレクションしています。 どんなコンセプトだって表現方法だってOK、ユニークで自由なコンテンポラリーアートの世界観が好き。