平日の夜にイギリス映画はいかが?おすすめの定番5作品をご紹介

share share !

 

イギリス映画 として世界中にファンを持つ「ハリーポッター」。しかしイギリス映画には、ハリーポッター以外にも魅力的な作品がたくさんあるんです。

イギリス映画ならではの雰囲気やサウンドがたまらない、最近世界の映画好きからの人気も上がってきています。

そこでこれからイギリスを訪れる人にはぜひチェックしてほしい!そしてそんな予定はなくても「いつもと一味違った雰囲気の映画を楽しみたい」というあなたにおすすめのイギリス映画をご紹介します。

 

世界に名を残したBeatlesの演技に注目

>1.『A Hard Day’s Night』(1964年)

監督:Richard Lester
出演:Beatles

主演は、イギリス音楽の代表として現在もなお世界で愛されるBeatles4人。当時、アメリカで量産されていたミュージシャン映画とは異なる、イギリスらしいコメディ作品がテーマとなっています。ビートルズがビートルズ自身の演じるという面白い作風と、突出したリンゴ・スターの演技力に注目です。

 

イギリス映画 のファミリー部門代表!

2.『Paddington』(2014年)

監督:Paul King
出演:Ben Whishaw, Hugh Bonneville, Sally Hawkins

タイトルの通り、日本でもよく知られる「パディントンベア」を題材にしたファミリー映画。あるファミリーが、パディントン駅で「このクマをよろしくお願いします」と書かれたタグを首から下げたクマに出会うことからストーリーは動き出します。

パディントン駅は、実際に存在するロンドンの主要駅で、空港から市内へ向かう際に立ち寄る人も多い場所。ロンドンを訪れる予定がある人にとっては特にわくわくした気持ちを掻き立ててくれる映画です。またファミリー映画なので、英語の勉強にも◎。

 

イギリス映画 の名作!007シリーズ

3.『007 スカイフォール』(2012)

監督:Sam Mendes
出演:Daniel Craig, Javier Bardem

世界中にファンを持つ『007』シリーズの23作目であり、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる作品としては第3作目。2012年、ロンドンオリンピックの開幕式では、エリザベス女王とダニエル・クレイグによる演出も話題になりましたね。

緊迫したストーリー展開とスピード感に、最後まで興奮が止まりません。ロンドン市内で撮影されたシーンも多いため、ロンドンを訪れる際は本作の跡地巡りをするのもおすすめです。

 

失恋大学生が選んだのは、深夜のスーパーでアルバイト

4.『フローズン・タイム』(2008)

監督:Sean Ellis
出演:Sean Biggerstaff, Emilia Fox

失恋した傷を癒すために、深夜のスーパーマーケットで働き始めた主人公。普通の大学生の日常の中を覗きこむような自然なストーリーの中に、沢山のユーモアが散りばめられた面白い作品。気付いたら映画の中に引き込まれている自分に気付くはずです。

また舞台となるスーパーマーケットは、実際にイギリスに存在する大手チェーン店「セインズベリー」。これからイギリスを訪れる人は旅のイメージを膨らませ気分を上げるのにぴったりです。

 

音楽シーンの歴史を振り返る イギリス映画 の名作

5.『24 Hour Party People』(2002年)

監督:Michael Winterbottom
出演:Steve Coogan, Paddy Considine, Shirley Henderson

映画の舞台は、マンチェスターの音楽シーン。物語の始まりは1976年に行われたセックス・ピストルズのライブで、その観客の中には、後に音楽シーンで活躍する様々な人物が。そこから広がる彼らのサクセス・ストーリーを描いています。イギリス音楽を語る上で欠かせない、当時の伝説や逸話が詰まった作品として、今もなお音楽ファンに愛されています。

 

雰囲気のあるイギリス映画で気分の上がるムービーナイトを

今回はファミリー、ミュージック、アクションとジャンルもあえてごちゃまぜに、気分に合わせて楽しめるラインナップ。

渡英を控えた人はキラキラと輝くイギリスの街並みやストーリーが、気分を上げてくれるでしょう。またただ単に「なんだか今日は雰囲気ある映画が見たい」という人にも、イギリス映画ならではの情景や映像がぴったりはまるはず。ぜひ気になる作品をチェックしてみて◎

 

 

 

15の映画紹介で使用している画像はイメージ

share share !

nocia

ブロガー / CLAIrmagライター 大学時代にロンドンへ留学。 帰国後、大学を卒業し地元で就職するものの、"働き方"や"生き方"を模索しベルリンへ渡る。 その後、ベルリンで出会ったスペイン人パートナーと結婚し、現在はマドリード を拠点に活動中 ーライフスタイル、カルチャー、ファッション、社会問題..etc..思考や興味をブログにして発信しています。