Bonjourだけじゃない!ネイティブが使うフランス語のあいさつ

share share !

 

 

フランス語であいさつと言えばまっ先に思い浮かぶのが「Bonjour」ですよね。

もちろんフランス人も「Bonjour」を日常会話の中でよく使うのですが、実は初めて会う人同士のあいさつや、目上の人へのあいさつで使うことがほとんど。

仲の良い友達同士や家族との会話では、もっと親しみを持った表現が使われます。

英語で「Hello」や「How are you ?」以外のあいさつがあるように、フランス語にもいろいろな表現があるのでぜひ覚えて使ってみてください!

  

もっとカジュアルに「Bonjour」のかわりに使えるあいさつ

Salut ! (やあ!)

英語でいう「Hi」に近い表現で、昼夜問わず一日中使えるあいさつです。

発音は「サリュー」。日本人が苦手な「R」の発音が入っていないので使いやすいですよね。

待ち合わせ場所について友達と会った時、町なかで友達とすれ違った時そして友達とのメールなど、主に友達や家族など親しい人同士で使います。 

また「Salut」の便利なところは別れのあいさつとしても使えること。 

人と会った時だけでなく別れる時にも、「じゃあね~」という感覚で別れのあいさつとしても使えます。これひとつで1日の全てのあいさつができてしまうので、ぜひ覚えておいてください!

 

Cou Cou ! (やあ!、おーい)

 こちらは鳩時計の中から鳩が出てきて時間を教えてくれる時の擬音語のような感覚で、人の注意を引きたいときに使います。発音は「クック」。

日本語でも誰かを呼びたいときに「おーい」と言って声をかけたりしますよね。それと同じような感覚です。

こちらは友達同士のメールでよく見かける表現で一番最初に「Cou Cou !おーい」とつけて、後に「元気?」と会話を続けます。

赤ちゃんや小さい子どもの注意を引きたいときに使ったりもするので、なんとなく「Cou cou !」と声をかけられると親しみやすい感じがします。

ぜひフランス人の友達を見つけて声をかける時や、彼らにメールを送る時に使ってみてください。

Salut Coucou も親しい人同士で使う表現なので、知らない人や学校の先生など目上の人には使わないようにしましょう。)

 

いろんな場面で使える!「ça va ?」

サヴァ」と発音するこちらのあいさつは、フランス人が日常のいろいろな場面で本当によく使います。まずあいさつとして使える ça va がこちら。

Comment ça va?「元気?」

英語で「How are you ?」という時のように、相手に「調子はどう?」とあいさつ代わりに聞く時に使います。発音は「コモン ヴァ」。

よく「Comment allez-vous ?」という表現も見かけますが、これは初対面や目上の人と話すときに使う表現で、友達同士の日常会話では「Comment ça va ?」の方がよく使われます。

ça va」という表現自体は英語に直訳すると「It goes」なので、英語の「How’s it going?」とおなじようなニュアンスで覚えておくといいかもしれません。

また、フランス人はCommentも省略してça va?」だけいう時もよくあります。例えば、友達との会話でこんな使い方をします。

A:Salut!Comment ça va?やあ!元気?

B:Oui, ça va bien, merci. Et toi?元気だよ、ありがとう。君は?

A:Moi aussi, ça va.僕も元気だよ

ça va?「大丈夫?」

ça va?」は元気?”というときだけでなく、大丈夫?”という意味でも使います。ça va bien.「うまくいっている」という表現のbienが省略され、転じて「大丈夫」という意味になります。

例えば一緒に歩いている友達が道路でつまずいたとしたら、日本語だととっさに「大丈夫?」と声をかけますよね?ça va」はそんな時に使えます。

(友達がつまづいた)→ ça va?

(友達がせき込んでいる)→ ça va?

(大丈夫だよ!という時)→ Oui, ça va.

日本語でも「大丈夫」という表現は日常でよく使う表現ですよね。覚えておくと色々な場面で使えるとても便利な表現です。

 

ナチュラルな会話のきっかけに親しみのあるあいさつを

いかがですか?日本人にとってフランス語は発音も文法も難しいというイメージがありますが、「Salut!」も「Cou cou」も「 ça va」もとてもシンプルで使いやすい表現ですよね!

これを使ってあいさつができれば、よりナチュラルなコミュニケーションができます。

フランス人は自他ともに認めるほど「省略するのが大好き」なので、今回ご紹介したあいさつのように短くて、かつ使える表現もたくさんあります。

難しい〜と尻込んでしまいがちなフランス語ですが、気軽に触れてみると、友達との会話が膨らんだり、フランス映画がより面白くなったり、旅先で使えたり、日々の生活が少し楽しくなるかもしれません。ぜひ簡単なフレーズから試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

share share !

alisa

フランス ボルドー、カナダ トロントでの生活を経て、多様性・サステナビリティに興味を持ち、日本 ⇄ カナダ でCLAIrmagをディレクションしています。 どんなコンセプトだって表現方法だってOK、ユニークで自由なコンテンポラリーアートの世界観が好き。